学校経営の基盤

公教育の理念の基,教育行政の諸施策を受け,本校の歴史や伝統及び実態を見つめながら,極小規模校のよさを生かした教育を推進し,「生きる力」を備えた心身ともにたくましい子どもを育成するため,「諸鈍校らしい教育」の実現をめざすことを基盤とする


学校経営の基本方針

本校の歴史と伝統に立ち,教育の動向に対応しながら,学校や地域社会の特性・実態を踏まえた特色ある諸鈍らしい教育活動を推進する

極小規模校・小中学校併設の特色を生かし,人間尊重の教育を基調としながら,調和のとれた教育課程の編成と実施に努め,信頼される学校づくりをめざす

地域に密着した体験的な活動を通して,伝統文化の継承,生活規範の確立,人間関係力の育成,自然観照の認識を進める教育活動を重視する。

出会った諸鈍の子どもたちの幸せのために」を基本理念に,全職員が一体となったきめ細やかな活力ある教育機能の実現をめざす


学校教育目標

進んで学び、心豊かでたくましい諸鈍の子の育成


校訓

【小学校】 かしこく  うつくしく  たくましく
【中学校】 向 学   礼 節   忍 耐


重点教育課題

1 学力水準の向上
○ 基礎学力の定着
○ 複式少人数指導法の確立
○ 小中合同研修の充実

2 心の教育の充実
○ 生徒指導の充実
○ 道徳・人権・保健教育の充実
○ 進路指導の充実

3 特色ある学校づくり
○ 開かれた学校づくり
○ 郷土国際理解教育の充実
○ へき地教育の充実


諸鈍らしい教育活動

1 地域の伝統文化を生かした体験活動
○ 国指定重要無形民俗文化財「諸鈍シバヤ」継承
○ 島唄・島口に親しむ活動

2 諸鈍の海と自然を生かした体験活動
○ 遠泳大会
○ デイゴ並木の活用

3 小中併設のよさを生かした教育活動
○ 学校行事等における合同学習の実施
○ 小中ふれあい活動の実施